寺院墓地用語集

■知って便利な〈お寺と墓地〉の用語集


●結 縁
「けちえん」と読みます。簡単には「関係が生まれること。縁故を結ぶこと」を意味しますが、仏教では、仏道に触れる縁を結ぶことを意味します。
私たちは、墓地を通してお寺さまと檀家さま、信者さまの縁をとりもたせていただくことを「ご結縁(けちえん)」と申しています。


●菩提寺(ぼだいじ)
その寺に代々帰依(信仰)して先祖の位牌を納め、葬式や追善供養などを行うお寺をいいます。檀那寺(だんなでら)ともいいます。
菩提とは、梵語のボーディ(bodhi)の漢音訳で道・知・覚などと訳します。煩悩を去り真理を明らかにした境地のことをいいます。ですから、菩提寺というのは先祖の「死後の冥福」を祈るお寺のことです。


●檀家(だんか)
元々は梵語のダーナパティーから来た言葉で、菩提寺やその僧侶にお布施をする家もしくは人のこと。宗派によって檀那(だんな)、檀徒(だんと)、門徒(もんと)などと呼ばれることもあります。


●永代使用権(えいたいしようけん)

一般的な不動産の所有権、あるいは使用権とは異なり、墓地の場合はお寺さまや霊園の場合は経営主体が墓地の使用を許可するということで「使用権」といいます。
基本的に継承者がおられる限り、墓地の使用権は代々受け継ぐことができるため、永代使用権といいます。そして、永代使用権を取得する為の価格を永代使用料といいます。


●永代供養墓(えいたいくようはか)
寺院の境内に併設されている場合が多いのが「永代供養墓」です。この供養塔には継承者がいなくても申し込む事ができ、墓地管理者が使用者の子孫にかわって供養と管理を行う、合葬(がっそう)集合(しゅうごう)供養(くよう)墓のことです。
永代供養墓には様々な形が見られますが、多くの場合、個別の墓石を立てずにひとつの施設に多数の遺骨をお納めする合葬式のものとなります。


●管理料
お墓の管理料は、墓域内の共有部分の維持管理のための費用をいいます。本来、自分の墓地内は、自己責任によって清掃管理されるべきですが、最近では、その墓地内も外注業者を頼んで清掃するようになり、その分、割高になりますが、そのほうが便利と好評を得ているようです。


●寿陵(じゅりょう)
生前に建立するお墓のことを「寿陵」といいます。古代は、貴族や身分の高い人の墓は生きているうちに造営されました。日本では聖徳太子、古代中国では秦の始皇帝などが有名です。こうしたことに因んで生前に墓所を造営する事は「縁起がよい」とされ、それが今日まで伝わってきました。寿陵には多くの場合、朱文字の施主名が入れられます。朱文字の朱は血を意味し、生きていることを意味するとされています。


●行年(ぎょうねん)・享年(きょうねん)
享年とは天から享(う)けた年を意味し、「死んだ者が、この世に生きていた年数、死んだ時の年齢(数え年)を指します。また行年もほとんど同じ意味ですが、この場合は満年齢を指しています。


●卒塔婆(そとうば)
故人を供養するために墓所に祀られる五輪塔を模した板のことを指し、佛塔を意味します。サンスクリット語のストゥ−パ(stupaの漢音写で、仏陀の骨〈仏舎利(ぶっしゃり)〉を納めた仏塔)が「そとうば」と音写されてきた言葉です。
五段に分かれているのは世界を構成する要素である五大を表現しており、下の段から順に『地』、『水』、『火』、『風』、『空』の意味があります。別に、塔婆(とうば)、板塔婆(いたとうば)ともいうことがあります。


●改葬(かいそう)
埋葬した死体や収蔵、埋蔵した焼骨を他のお墓や納骨堂に移すことを「改葬」といいます。分かりやすく言いますと、〈お墓の引越し〉のことです。しかし、改葬は勝手にすることができません。市町村長に許可申請をしてその許可をえることが必要です。


●伽藍(がらん)
お寺の本堂やお堂、庫裏(くり)(お寺の台所・寺族の居間)、五重塔などを伽藍といいます。伽藍というのは、サンスクリット語のsamgharama 僧伽藍のことで僧侶たちが仏道修行をする清浄閑静な場所を意味します。


●受戒(じゅかい)
仏門に入るものが、仏陀や各宗のお祖師さまたちが定めた戒律を受けることを言います。
亡くなった方に、菩提寺のご住職が「戒名」を授けるのも受戒といいます。亡くなった方が仏門の戒律を授かり、冥界でも清浄行によって功徳を積むように仏弟子になったことを意味します。受戒は本来、生きているあいだに授かり、生きているあいだに清浄行の功徳を積むものです。


●法要(ほうよう)
法要の本当の意味は「仏教教義の本質」を意味しますが、普通には年忌法要といって三回忌、七回忌、十三回忌などと故人の祥月命日に家族やご縁のあった人々が菩提寺に集まってご住職の読経、焼香などの宗教儀礼を行い、故人を偲ぶ会をいいます。最近では都会を中心に法要に参加する方々が少なくなっていますが、法要によって結ばれる絆は故人を供養する功徳そのものです。多くの人のご参加が望まれます。